2016年4月17日 (日)

ゲームポートをUSBに変換するアダプタを自作

Windows 95時代のジョイスティック「MS Sidewinder 3D Pro」。略称は「3DPro」。比較的コンパクトで取り回しが良く、耐久性が高くて、機能も充実。多くのファンに愛されていたが、これを接続するためのゲームポートは現在のPCからは消えてしまった。しかもゲームポートをUSBに変換する市販のアダプタで、このジョイスティックに対応したものは皆無。

Imgp0598_small

それでもなんとかこれを使いたいということで、海外のファンがコンバーターを自作し、作り方をWeb公開しているのを発見。日本でも作っている人がいる(その1)(その2)。真似して作ってみたのがこちら。

Imgp0596small

アメリカの2つの会社から部品を取り寄せたので、送料が高くついて、総額1万円を超えてしまう。でも半田付け一切なしに、部品や導線を差し込むだけで作れるし、ちゃんと動作した。

往年の3DProが再び使えるようになって感慨ひとしお。しばらく開発・販売されていなかったDescent・Forsaken系のゲームが再び開発されているし、しかもこうしたゲームがOculus Riftのようなヴァーチャル・リアリティ環境で遊べるように。オタクとしては、たとえばヴァーチャル・リアリティのように、「PCで何か新しいことができるようになる」とわくわくする感じがある。(買い揃えるかどうかは別として…)

2016年1月19日 (火)

FreeLing 3.1のコンパイルエラー

英語だけでなくスペイン語・フランス語・ロシア語など、多くの言語の文章データから言葉を取り出して基本形に直してくれるソフトウェア「FreeLing 3.1」。対応言語一覧。Windows、Linux、Mac OS Xなどで動く。

Ubuntu 14でコンパイルするには、以下のように実行する必要があったのでメモ。

LIBS=-lboost_system ./configure
make
sudo make install

最初の./configureで「LIBS=-lboost_system」を付けておかないと、make時に以下のエラー。

dicc2phon.cc:(.text.startup+0x23): undefined reference to `boost::system::generic_category()'

2014年12月28日 (日)

ThinkPad 8 レビュー

「軽いWindows PC」として、出先でのプレゼン、自作ソフトのデモ、メール書きあたりに使えないかと思って試してみた。到着するなりBluetooth関連の故障が見つかり、「(会社の方針として)初期不良交換ということはしていない」と言われ、1ヶ月ほど修理に出すことになった。そんなわけで最初の印象は悪いが、気を取り直して少し使ってみた。

Imgp3591_s

ノートPCと同様に使おうと思うと、スタンド、Bluetoothキーボード、そしてプロジェクタやUSB機器を接続するための変換ケーブルが必要。これらを含めた重さは625gほど。Let's note RZが745gなので、その差は120gほど。

電源アダプタ+ケーブルの重さがThinkpad 8は125gなのに対して、Let's note RZは240gなので、仮に電源まで持ち歩くならば重量差は235gに。また「今日はキーボードいらないか」という場合にはさらに150g軽くなる。

ここまでは良いのだが、いかんせんAtomなので処理が遅い。Z3795というAtomの中では速いCPUなのだが、CoreシリーズのノートPCに比べると3倍ほどの処理時間を要する。自作ソフトのデモをする際に、本来ならなら5秒で終わる処理に15秒かかるというのはちょっと苦しい。実機ではなく、リモートデスクトップで自作ソフトを動かしてデモをするのが次善の策だろう。

ついでに愛用のプレゼンソフト「Impress!ve」との間で微妙な相性問題があり、プレゼン機能も100%ではない。タブレットの画面表示を消して、プロジェクタ表示のみにしなければマウスカーソルが表示されないのだ。したがって、プロジェクタ画面をはっきり視認できるような立ち位置でプレゼンを行なう必要がある。

正直なところ「200~300gほど軽くするために、そこまで面倒なことをするのか」という感じはいなめない。しかも、面倒なだけでなく、ネットワーク越しのリモートデスクトップや、立ち位置を自由に設定できるかどうかには、不確実な部分がある。おまけにThinkpad 8は、プロジェクタをつないでからうっかりグラフィックス設定を変えてしまうと、一瞬プロジェクタに映ってはブラックアウトするということを繰り返し、操作不能になってしまう場合がある。

そんなわけで「はずせない仕事」に持ち出せるかというと、ちょっと苦しい。Thinkpad 8は、社内プレゼン専用機というような感じでしばらく遊んでみよう。そして、そのうちにLet's note RZを買うことになるのかもしれない。ただしRZもRZで、「タブレットとしても使える2 in 1機能」など削ってしまえば、もっと軽くできたのではないかという気がして悩ましい。

2014年8月 8日 (金)

4Kモニターのフォント表示をデジカメで撮影してみた

3840 x 2160の解像度を持つ4Kモニターが徐々に市場に出てきており、現在は24インチ・28インチ・32インチの製品がある。この中で、画素ピッチが狭いこと=1インチあたりのピクセル数(ppi)が多くて高精細であることを重視して、24インチのDell UP2414Qを選択。

319ihx14gyl_aa160_

さっそく、PDFのフォント表示がどう変わるかをUP2414Qと旧来のモニタ(NEC LCD2690WUXi)で比べてみたのが下の画像。Acrobatでおおむね同じサイズの文字表示にした上で、デジカメで撮影。

4kmonitor

フォントの見栄えに圧倒的な違いがある。LaTeXで文章を書くときには、プレビューアをこのモニタ上で開くと、LaTeXによるきれいな組版の結果を、きれいなフォントで見られるので大変快適。

ただ、そういった特定の目的で使うサブモニターとしては快適だが、メインモニターとして使おうと思うと、まだ対応していないソフトもちらほら。米粒のような大きさの文字表示になったり、逆に無理矢理に拡大されてぼやけてしまったり。このあたりは今後の対応を期待したいところ。

それと、置き方の違いや個人差も大きいだろうが、デスクトップの場合は目とディスプレイとが比較的はなれているので、ppiにこだわって24インチにしなくとも、28ないしは32インチでも良いかも。

2013年7月29日 (月)

モデルを図示してくれるようになったMplus 7

共分散構造分析のためのソフトウェアMplus 7の新機能として、モデルを図示してくれる機能(Mplus Diagrammer)が加わっている。従来のごく簡単なコマンドを使ってモデルを指定すれば、数表だけでなく、図の形でも推定結果を表示してくれる。ドラッグ&ドロップで変数の位置調整も可。

Mplus
Mplus 6が手元にあったのだが、これのためだけにMplus 7を買ってしまった。従来はこういう図を紙に手書きしてイメージを掴んでいたのだが、ずいぶん便利になったと思う。

2013年3月14日 (木)

ドライブレコーダー

長い間、気になっていたドライブレコーダーをついに注文。ドライブマン720のシンプルセット約15000円。取り付けは、どうしようもなくなったらディーラーに持って行こうと思っていたが、自前でも意外となんとかなって、配線もちゃんと見えないようにできた。

Driveman

十分よく映ると思う。

これで、いざという時でも、自分の運転の様子を客観的に示す資料があると思うと心強い。それに、より重要なのは、「常に録画している」という意識が働いて、よりいっそう安全運転を心がけられる点かな。

2012年6月10日 (日)

一太郎のヒラギノとLaTeX

一太郎のプレミアム版を買うと、ヒラギノの基本6書体(JIS2004対応版)がついてきて、これは素晴らしいと思う。(1)MS明朝・MSゴシックなんかに比べると、そもそも字母が美しい気がする。それに、(2)MS明朝は全体に字が細いので、本文のフォントとして使うと印刷面が白い印象になるのがイマイチと思っていた。それがヒラギノ明朝W3くらいだと本文にぴったり。しかも(3)グリフが2万種類超ということで、下図のように異体字も自由に選べる。そう滅多に必要にはならないけど、やっぱり人名は正確な漢字を使いたい。

Otf1

しかも、このヒラギノがLaTeXでも使えるのだから、本当に素晴らしい。OTFパッケージを使えば、LaTeX上でもきれいなヒラギノを使うだけでなく、CIDコードを指定することで異体字を自由に選べる。CIDコードを調べるには、一覧表を使うもよし、一太郎(下図)を起動するもよし。

Otf2

なお、LaTeXで使うための設定を続きにメモ。

続きを読む »

2012年5月30日 (水)

Word(*.docx)に画像を貼り付けるときは

*.doc形式のファイルを扱っている際には(=互換モードでは)大丈夫だけど、*.docxという比較的新しい形式のファイルを扱う場合、デフォルトの設定では貼り付けたラスター画像が劣化するので注意が必要。

Result_small

この画像はPDF化して表示サイズを400%にしたときのもの。結構露骨に画質が劣化する。この「劣化」設定を変更するには「ファイル」「オプション」「詳細設定」「イメージのサイズと画質」「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェック。

*.doc形式(互換モード)では画像を圧縮しないのだけど、新版では圧縮する(劣化させる)のがデフォルトの設定になったらしい。気づかなくて結構戸惑った。新機能とかより、こういうのの方をちゃんと「変更点」として広報してほしい気がする。

あと新版にはちらほらバグもあったようで、どうやっても上手くいかなかったことが、*.doc形式(互換モード)で保存し直すなり上手くいくということもあった。バグっぽい挙動でいよいよ詰まったときは*.doc形式(互換モード)を試すのも一手か。

2012年5月 6日 (日)

Perl用のIDE

IDE(統合開発環境)というと大げさだけど、要はプログラミング支援ソフト。Perl向けのものを2種類ほど試してみた。

Perl_ide

この手のものは今まで使ったことがなかったのだけど、なかなか便利そうだ。いちいち手動でプログラムを実行しなくても、プログラムを書いていくそばからシンタックスをチェックして、問題がありそうなところを赤線で教えてくれる。デバッグの時には、プログラムの実行を任意の場所でいったん止めて、1行1行進めていきながら、変数に格納されている値がどう変わるかを見ることもできる。

今ほどPerlになれていなかった時こそ、こういうのがあったら便利だったろうに。でも、その当時は、目の前のタスクをやっつけるのに精一杯で、IDEとかデバッガの使い方を覚えようなんて余裕がなかった。切羽詰まっているときほど、一歩引いて、広めの視野を持つのが大切ということか。(まぁ当時は、今ほど進んだIDEはなかったのかもしれないけれど)

ともあれ、どちらのIDEも使い物にはなるけど、長い行の折り返し表示や、ファイルを開くときの自動エンコード判定ができる点で、Komodoの方が便利。Komodoは保守なしだと$295。「日曜大工」のための道具としては、そう高くもないかな。

2012年4月21日 (土)

SDカードリーダー

デジカメの写真をSDカードからデスクトップPCに取り込む際に、いちいちUSB接続のカードリーダーを引っ張り出してPCに繋ぐのは面倒。そこで内蔵のカードリーダーを買ってみた。

しかし、1つめに買ったオウルテックのFA507は使い勝手が今一歩。SDカードをプッシュで取り出せるタイプでは無くて、「ガコッ」と差し込んで「ガコッ」と抜くタイプ。正しい角度で差し込んで、正しい方向に力を入れないと抜き差しできない。PCを床置きしてるので、これがちょっと気を遣う作業だった。

Imgp0268

そこでプッシュタイプのミヨシUSR-DOS2にしてみるとすこぶる快適に。まさしく2000円で買える小さな幸せ。なお、スロットには挿入の向きの表示が無いので、少し注意が必要。SDカードのラベル面を下にして差し込む。