« 2012年5月 | メイン | 2013年3月 »

2012年6月

2012年6月10日 (日)

一太郎のヒラギノとLaTeX

一太郎のプレミアム版を買うと、ヒラギノの基本6書体(JIS2004対応版)がついてきて、これは素晴らしいと思う。(1)MS明朝・MSゴシックなんかに比べると、そもそも字母が美しい気がする。それに、(2)MS明朝は全体に字が細いので、本文のフォントとして使うと印刷面が白い印象になるのがイマイチと思っていた。それがヒラギノ明朝W3くらいだと本文にぴったり。しかも(3)グリフが2万種類超ということで、下図のように異体字も自由に選べる。そう滅多に必要にはならないけど、やっぱり人名は正確な漢字を使いたい。

Otf1

しかも、このヒラギノがLaTeXでも使えるのだから、本当に素晴らしい。OTFパッケージを使えば、LaTeX上でもきれいなヒラギノを使うだけでなく、CIDコードを指定することで異体字を自由に選べる。CIDコードを調べるには、一覧表を使うもよし、一太郎(下図)を起動するもよし。

Otf2

なお、LaTeXで使うための設定を続きにメモ。

続きを読む »